インフォメーション

2014-05-01 15:00:00

赤道近くの暖かい海生まれのカツオの赤ちゃんは、

成長しながら、2月ごろ日本の南の海にやってきます。

3月から5月にかけて、四国・和歌山・千葉・・・

と北上していきます。

なので、地方によってカツオの時期は少しずつズレがあります。

生まれて初めて日本にやってきたカツオ。

それが初ガツオです。

高知県には、だいたい4月ごろに初ガツオは

やってきます。

脂は少ないですが、あっさりした身は、カツオ本来の美味しさを味わえます。

もちろん、鮮度も命!!

その後、千葉・東北と北上し、10月ごろ産卵のためUターン。

南の海へと戻って行きます。それが戻りガツオ

11月ごろから高知県でもみられる様になります。

産卵前の大きくなったカツオは、しっかりと脂がのって、

「トロかつお」とも呼ばれる、濃厚な味わいです。


2014-05-01 10:00:00

ヤナケンブーの魚は、高知の宇佐漁港に届いた新鮮なものを新鮮な内に!

という想いから自社のトラックで、新大阪のこのyanaken boo まで運んでいます。

なかなか大阪では味わえない、本場高知と同様の味わいをこの大阪のど真ん中でお楽しみ下さい!!


1